ぎっくり腰(急性腰痛)には安静?

日本カイロプラクティックセンター目黒

03-3448-0264

〒141-0021  東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション201号

【営業時間】平日10:00~21:00
土曜10:00~17:00
※木・日祝定休

ブログ

ぎっくり腰(急性腰痛)には安静?

院長ブログ

2015/02/13 ぎっくり腰(急性腰痛)には安静?

ぎっくり腰(急性腰痛)になったどうしたらいいでしょう?安静にするべきだと思いますか?

 

フィンランドのMalmivaara博士らは、186人の急性の非特異的(原因がわからない)腰痛の患者を対象に実験を行いました。

 

患者を

 

(1)2日間の臥床
(2)腰を鍛える運動
(3)耐えられる範囲で日常活動を継続

 

の3つのグループに分けてその後の経過を比べると、発症から3週目後も12週後も(3)の日常活動をがんばって続けた患者は、(2)運動のグループと(1)2日間寝ていたグループよりも、痛みや、動ける範囲などすべてにおいてよい結果となりました。

 

職場復帰も日常生活をがんばって続けたグループが最も早かったそうです。

 

また、「米国医療政策研究局の急性腰痛に関するガイドライン」でも 「急性期の患者において活動性を少し制限することは必要なことであるが、4日以上の臥床は役に立たないばかりか、患者をより弱体化させる可能性がある。」 とされておいます。

 

イギリスのガイドラインでは「通常の活動を継続するようにという助言は、従来の通常活動は痛みによって判断するという助言よりも、症状回復を早くすること ができ、慢性化は少なく、休業期間は短くなる。」としています。

 

ぎっくり腰の初日はまったく動けないこともよくありますが、痛いところを氷嚢で冷やして、2日目以降はなるべくがんばって日常生活を送るようにしましょう。

 

カイロプラクティックはぎっくり腰の早期回復に役立つとアメリカのガイドラインに認められています。

 

東京都JR目黒駅徒歩1分の日本カイロプラクティックセンター目黒は、1989年開業、臨床経験3万人以上の実績を誇る、目黒で口コミ人気ナンバー1のカイロプラクティックの整体院です。病院では治りにくい腰痛などの症状を改善したいという方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
日本カイロプラクティックセンター目黒
http://www.jccmeg.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション201号
TEL:03-3448-0264
—————————————-
Facebook:http://goo.gl/0Epp9R
Twitter:http://goo.gl/Jr8YrD
mixi:http://goo.gl/rWY7Fq
アメブロ:http://goo.gl/MDGscL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOP