逆流性食道炎を防止するカルシウムやマグネシウムサプリの摂り方

日本カイロプラクティックセンター目黒

03-3448-0264

〒141-0021  東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション201号

【営業時間】平日10:00~21:00
土曜10:00~17:00
※木・日祝定休

ブログ

逆流性食道炎を防止するカルシウムやマグネシウムサプリの摂り方

院長ブログ

2014/09/19 逆流性食道炎を防止するカルシウムやマグネシウムサプリの摂り方

とくに年齢が高くなると、骨粗鬆症防止などのためにカルシウムやマグネシウムのサプリを健康のために摂られている方も多いかと思います。

 

しかしそのサプリの飲むタイミングを誤ると、胃酸を弱め逆流性食道炎の原因となってしまうことがあります。

口の中で咀嚼されて物理的に細かくされた食物は、胃酸の強力な酸度により化学的にさらに分解されます。特にタンパク質は強い酸性により、アミノ酸に分解されます。また鉄分の吸収にも強い酸度が必要です。

 

胃酸の濃度が弱いと、消化分解が遅くなり、胃の中に食物が滞留して発酵し、胃の内容物がガスとともに食道に漏れ、逆流性食道炎などを起こす場合があります。

 

逆流性食道炎は胃酸が強すぎて食道を荒らすイメージが強いですが、特に日本人は胃酸の濃度が低く、また高齢になるほど胃酸は弱くなるため、中年以降は胃酸低下による逆流性食道炎に注意が必要です。

 

胃酸の中和剤にも使われているカルシウム、マグネシウムは強力なアルカリ性のミネラルで胃の中のpHをアルカリ化してしまいます。

 

ですから、せっかく骨を強くしようと、食後にカルシウムやマグネシウムを摂っても、タンパク質や鉄分の吸収を阻害し、逆流性食道炎になってしまうかもしれないのです。

 

カルシウム剤やマグネシウム剤は食事の2-3時間後がベストタイミングです。または、食事の30分前に取れば30分後には胃は正しい酸性に戻ります。

 

逆流性食道炎にはいろんな原因がありますので詳しくはこちらをご覧ください。

 

東京都JR目黒駅徒歩1分の日本カイロプラクティックセンターは、1989年開業、臨床経験3万人以上の実績を誇る、目黒で口コミ人気ナンバー1のカイロプラクティックの整体院です。病院では治りにくい逆流性食道炎などの症状を改善したいという方はお気軽にお問い合わせください。 

 

お問い合わせはこちらからメールかお電話で。

 

逆流性食道炎モニターキャンペーン実施中(先着20名様)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
日本カイロプラクティックセンター目黒
http://www.jccmeg.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション201号
TEL:03-3448-0264
—————————————-
Facebook:http://goo.gl/0Epp9R
Twitter:http://goo.gl/Jr8YrD
mixi:http://goo.gl/rWY7Fq
アメブロ:http://goo.gl/MDGscL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOP