逆流性食道炎

日本カイロプラクティックセンター目黒

03-3448-0264

〒141-0021  東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション201号

【営業時間】平日10:00~21:00
土曜10:00~17:00
※木・日祝定休

逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎

薬が効かない逆流性食道炎にカイロプラクティック整体。原因と治療。

逆流性食道炎について、症状や原因について説明していきます。
薬が効かない逆流性食道炎にカイロプラクティック整体。原因と治療。

1.逆流性食道炎の症状

1.最近テレビのCMで「胸やけ」「呑酸(どんさん)」「逆流性食道炎」という言葉をよ
く耳にするようになりました。
逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激して炎症を起こ
させる疾患です。
● 胸やけ。みぞおちや上胸部痛などが起こる(左肩に痛みを出して心臓疾患と間違うことも)
● 呑酸(どんさん)。酸っぱい液体が口まで上がってきてゲップが出る
● 食事中や食後、横になったとき、前屈したときに喉や口に胃酸が逆流する
● 胃もたれ。胃の痛み。胸部違和感、不快感
● のどの違和感(イガイガ感、ヒリヒリなど)
● お腹の張り、腹部膨満感
● 頻繁なゲップ
● 背中の痛み
● 食べ物を飲み込むときの食道痛
● 就寝中逆流物の気道への誤嚥による呼吸器症状
などの症状があります。

2.逆流性食道炎の原因

● ストレス・過飲過食・喫煙・飲酒
● 食道下部括約筋(噴門)の弛緩、喫煙や加齢による機能低下
● 食道裂孔ヘルニア(横隔膜の機能低下。妊娠・肥満・便秘・運動による腹圧の上昇 )
● 消化不良
などがあるといわれます。

3.逆流性食道炎の病院での治療

病院では内科の領域です。
ウィキペディアによれば「日常生活においては消化の良いものを取り、過食をさけ、
食後横になるなどの逆流を増強する行為を避け、就寝時には頭を高くする(Fowler体
位)。 一般的な薬物療法では、胃酸を抑える目的で、最も効果が強いプロトンポンプ
阻害薬(PPI)の投与が選択され、場合によってはH2ブロッカーを使用あるいは併用す
る。消化管運動賦活薬なども併用される。」
あのCMでやってる薬もこのプロトンポンプ阻害薬(PPI)とH2ブロッカーで

4.逆流性食道炎なのに胃酸不足

しかし、アメリカの研究者によると逆流性食道炎の人の半数以上が胃酸の不足または
胃酸の酸度の不足であるといわれています。胃液低酸症の人が制酸剤を飲んでもよく
なるとは思えません。
では、なんで胃酸が少ないのに酸が食道に上がってくるのでしょうか?
胃には酸度を測るセンサーがあり、食物を十分に消化するだけ強い酸性になってから
食物を十二指腸に送り出すようになっています。しかし十分に酸度が上がらないと、
胃の中で食物が長時間滞留し、発酵しガスを発するようになってしまいます。これに
より薄い胃酸が食道に上がってきてしまうのです。
胃酸の酸度が低くなる原因は
1)制酸剤(中和剤)、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、H2ブロッカーの服用
2)砂糖、小麦などの生成漂白された糖類の過剰摂取
これらは強いアルカリ性食材です。また、カンジダ菌などの増殖を引き起こしま す。
3)間違ったサプリメントの摂取タイミング
カルシウム、マグネシウム、アルミニウムはアルカリ性のため制酸剤としても使
われています。食前30分以上前に飲むか、食後2~3時間後にするべきです。
4)加齢、日本人の特性
胃酸は年齢とともに分泌が低下していきます。調査によると日本人の95パーセ
ントが胃酸の分泌能力が低いという調査結果があります。(栄養医学研究所1997-2001
年タホマクリニックでの分析結果)
5)炭酸飲料やアルコールの過剰摂取
胃液の酸度を低下させます。
6)甲状腺機能の低下
胃酸の分泌を促進するガストリンの分泌を低下させます。
7)自律神経のバランス失調
8)副腎疲労
また、胃酸の不足により消化機能が低下し、リーキーガット症候群に発展し、免疫低
下、不眠、鬱など問題がさらに複雑化していく可能性があります。

5.カイロプラクティック整体による逆流性食道炎の治療と症例

5.カイロプラクティック整体による逆流性食道炎の治療と症例

まず、ご来院いただく前に下記(6)の胃酸の低下を見るための二つのセルフチェックをしていただくとよいでしょう。
来院時にはその結果をもとに、症状を細かく問診し、食道裂孔ヘルニアや回盲弁の検査、胸郭拡張の検査、
甲状腺機能、副腎機能、自律神経バランス、背骨や骨盤の歪み、筋肉の緊張の左右差などを徹底的に検査し、
問題箇所を調整していきます。
また、食事の仕方、サプリメントの摂り方などもご説明し、多角的に逆流性食道炎の治療をめざします。

6.来院される前のセルフチェック

胃酸の低下を見るためにふたつのセルフチェックの方法があります。

1)血液検査の血清総タンパクとアルブミンの値をチェックする。

一般的な基準では、
●血清総タンパク(6.5-8.0g/dl)ですが(機能的基準値6.9-7.4g/dl)の範囲にあるか

●アルブミン(1.0-5.7g/dl)ですが(機能的基準値4.0-5.0g/dl)乃範囲にあるか?
機能的基準値の範囲にない場合、胃酸の量、酸度の低下の可能性があります。

2)以下のセルフチェックをしてみましょう。

1、スプーンに1杯のレモン果汁100%液をコップに入れ、水で3倍に薄める
2、夕食時に食事を食べながら以下のように飲む
1口食べたら1口飲む。これをレモン水がなくなるまで同様の方法で飲む
判 定
□食後2-3時間後に胃が重く、不快感を覚えた方 ・・・・・胃酸の分泌はある程度
十分でしょう。
□食後2-3時間後、いつもよりスッキリした感じを覚えたり、空腹感を感じた方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・胃酸の分泌が足りないと 思われます。

お問い合わせはコチラ

【営業時間】平日10:00~21:00
             土曜10:00~17:00
【定休日】毎週木曜日・日曜日・祝日

03-3448-0264

03-3448-0264

7cbd0b231312225a17e4f8d624f2ded5_s

TOP